健康的な食品とは抗酸化効果のあるもの!

健康維持のために、食品にひと工夫をしましょう

いくら健康の為と言えど、「超まずい青汁」の様な、お金もかかれば飲むのが億劫になるものでは、意味がありません。その億劫さがかえってストレスになるのです。「ああ、、今日も飲まなきゃ」と言う「意気込み」が毎回必要なら、体は健康になれど心にストレスが同じだけ蓄積されて行きます。健康とは、体も心も健康で初めて「健康」と言えるのです。健康の鍵を握るのが、「自律神経のバランス」です。自律神経とは、本能の部分に関わる神経で、「じりつしんけい」の名の通り、自分の意思とは「自立」している神経です。あまりにストレスがかかるとその自立しているはずの本能の神経に負担がかかります。これが万病の元なのです。甘いものを欲しがるのも、タバコや酒を欲しがるのも、元を正せば全て「ストレスをなくす為」であります。しかし、これらは取りすぎるといわゆる「生活習慣病」にかかってしまうのです。

なのでストレスなく生活の中に健康の為に食品にひと工夫する事はとても大切です。私が普段やっている健康法をご紹介致します。●味噌汁の中に生姜を入れる味噌汁の中に生姜を入れると、持続して体を温める効果があります。同じ香辛料でも、唐辛子だと急激に体を温め、冷やす効果があるので、交感神経を刺激してしまいます。今の世の中では、ストレスにより交感神経が優位な方が多いので、意識的に副交感神経を活発化させなければなりません。生姜は、持続して保温効果があるので、副交感神経を上げる効果があります。この様に、美味しく、しかも安く食品の中に取り込むのが、正しい健康法です。生姜は100円でチューブで売っています。自炊しない方でも、コンビニのカップスープの中に気軽に取り入れられますよ。是非お試しください。

注目情報

Copyright (C)2017健康的な食品とは抗酸化効果のあるもの!.All rights reserved.